シンプルライフで豊かに暮らす

管理人のすだちがシンプルライフを目指して、断捨離、ダイエットを頑張っているブログです。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年06月
ARCHIVE ≫ 2015年06月
      

≪ 前月 |  2015年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~新演出 を観てきました



昨年後半から、オペラやクラシックにたくさん行くようにしています。
今回見てきたのはそのうちのひとつ。

少し前なんですが、オペラ(歌劇)のフィガロの結婚を観てきました。
野田秀樹の演出でタイトルに「新演出」とある通り、今までのフィガロの結婚とは全く違った、
とっても面白く楽しいオペラでした。
モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』 ~庭師は見た!~ 新演出

まずしょっぱなの出番が庭師のアントニオ役で、演じるのは俳優出身の廣川三憲さん。
狂言回し役として、要所要所で説明を加えていきます。

舞台は、アルマヴィーヴァ伯爵とその夫人、そしてケルビーノが黒船に乗って長崎の出島にやってきた、とのセリフで始まります。
というわけで、この3人以外は日本人という設定。
それだけでも斬新な設定ですが、歌い始めもいきなり日本語で始まります。
「三寸~♪ 四寸~♪~」
もうここで笑ってしまいました。

ほかにも笑いを取るシーンがたくさん。
スザ女(スザンナ)とマルチェ里奈(マルチェリーナ)の二重奏には笑いが止まらず、
はじめから終わりまで、終始これでもかと笑いを取る演出。

日本語部分の歌詞も面白いのですが、イタリア語で歌う部分にも字幕に工夫が凝らされていて、
イタリア語のシーンでも笑いが起こるオペラ。

そしてオペラ歌手なのに、皆さん動く動く!
突っ立って歌うオペラより、最近の動くオペラが好きですが、
これはオペラの域を超えて、演劇ですか!?っていうくらい皆さんの動きが冴えてました。

今回は地方劇場も含めた全国共同作成プロジェクト。
予算の厳しい地方劇場が、費用や役割を分担して共同制作することによって実現したオペラだそうです。
予算の都合上か、舞台は三つの箱状のものが置かれているだけの非常にシンプルなものでしたが、
その使い方がうまくて、あ~そう使うのね~と感心してしまいました。

そして初めに紹介した庭師アントニ男(アントニオ)役の廣川三憲さん、
アントニオ役でも非常に短いですが歌うシーンがあるんですよ!
歌が始まる直前、ドキドキしました。俳優さんが歌えるんだろうか、と。
そんな心配は杞憂で、見事歌いきっていましたよね。

今回のオペラは異色だと思います。
いうなれば、オペラと演劇、特に喜劇との融合とでもいうのでしょうか、
このオペラ自体が喜劇なんですが、さらに面白さが倍増どころか20倍増!って感じでした。
フィガロの結婚自体は大好きなオペラなんですが、今回のオペラを観てさらに大好きになりました。

指揮者の井上道義さんの説明動画はこちら→★
井上さんと野田さんの制作発表はこちら→★

井上さんの説明でもあるように、大事なアリアはイタリア語で歌ってます。
でも庭師が狂言回しで説明するので、オペラ初見でも楽しめると思います。
実は秋期の10月~11月にも公演があるんです。
東北や九州でも公演がありますし、東京でも2公演あります。

本当はまだまだ書き足りないくらい、このオペラには見どころ、聴きどころがたくさんあります。
それだけ、今回の公演には笑撃・・・いえ衝撃をうけました。
またこの演出で公演があれば、ぜひ観に行きたいですね♪

↓応援クリックありがとう!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーサイト
プロフィール

すだち。

Author:すだち。
ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
ポチっとしていただけると、管理人がもれなく喜びます♪

月別アーカイブ+カテゴリー
 
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。