FC2ブログ

シンプルライフで豊かに暮らす

管理人のすだちがシンプルライフを目指して、断捨離、ダイエットを頑張っているブログです。
TOPスポンサー広告 ≫ 『大統領の執事の涙』『ダラス・バイヤーズクラブ』TOP映画・観劇・読書 ≫ 『大統領の執事の涙』『ダラス・バイヤーズクラブ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

『大統領の執事の涙』『ダラス・バイヤーズクラブ』


時間がないので、2本まとめてのレビュー

『大統領の執事の涙』
大統領の執事としての秘話が満載なのかと思って楽しみにしてたら、そうでもありませんでした。
大部分がアメリカの公民権運動を絡めたお話。というかそちらが本筋。

白人に使える父と、公民権運動にのめり込んでいく息子との対立、そして和解。
公民権運動にかかる黒人と白人の対立が醜いこと。

私としてはホワイトハウスの秘話満載を期待していたので、
その点ははっきり言ってがっかりしましたが、
ホワイトハウスでも黒人と白人で給与や昇進の差が1980年代まで残っていた方がビックリでした。

後は、歴代の大統領を誰が演じているのかも楽しみなところ。
この俳優があの大統領を演じているのかを楽しみながら見てください。

『ダラス・バイヤーズクラブ』
はっきりいって主演の「マシュー・マコノヒー」は好きじゃない俳優です。
どうしてもまともには見えない感じが好きじゃない。
でもこの映画では、まともに見えないことが功を奏して
演技が演じる主人公にはまっているのでアカデミー賞主演男優賞には納得。

はじめは自分が生き残るために、お金のために、
次第に同じ患者たちの命のために未承認の薬を手に入れるために奔走する主人公。

実話を元に描かれる映画ですが、FDA(アメリカ食品医薬品局)と製薬会社の癒着の話や
承認にこぎつけるために危険な薬の臨床実験を進める製薬会社の話には、
これってまさに今でも行われている話だよね、と妙に納得してしまいました。

実話ものなんだけど、その辺への警鐘を含めた映画だと思って観てました。
あと健康のために加工食品を控える場面が笑える。

↓応援クリックありがとう!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

すだち。

Author:すだち。
ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
ポチっとしていただけると、管理人がもれなく喜びます♪

月別アーカイブ+カテゴリー
 
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。