シンプルライフで豊かに暮らす

管理人のすだちがシンプルライフを目指して、断捨離、ダイエットを頑張っているブログです。
TOPスポンサー広告 ≫ ナショナルシアターライブ『リア王』TOP映画・観劇・読書 ≫ ナショナルシアターライブ『リア王』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ナショナルシアターライブ『リア王』


イギリスのロイヤル・ナショナル・シアターで上演された演目が、
映画館で字幕付きで観られるシリーズ。

前から行きたかったのですが、上演期間が短いのと、
演劇なのでだいたい時間が3~4時間程度必要なのがネックとなって、
いままでいろいろ見逃してしまいました。

ナショナルシアターだけでなく、ほかにもニューヨークのメトロポリタン歌劇場METの公演もあるようです。

今回は8月に上演された『リア王』を観に行ってきました。料金3000円です。
普通にこれだけの演目を劇場に観に行くことを考えたら、安いものです。

一度は観たいシェークスピアの演目ですが、リア王って悲劇なのよね。
途中で20分ほどの休憩をはさみ、約4時間弱の公演を観終わった後は、
あまりに救いが無い内容にぐったりきました。

しかし、これをイギリスで観たら字幕もなくて、内容も理解できたが怪しいものですが、
(事前に原作を読んで予習していたとしても)
字幕もしっかりあってよく理解できるので、余計に悲劇の世界にのめり込めたのかもしれません。

演劇が敷居が高いと思っている方にも、入門としてちょうどいいかもしれませんね。

アカデミー賞受賞監督のサム・メンデス(『アメリカン・ビューティー』)が、シェイクスピア原作の舞台に挑む。 高齢で引退を決意した王は、国を3人の娘に分割して譲ることにする。言葉巧みにリア王に取り入ろうとする長女と次女とは違い、 三女は率直な物言いで王を怒らせてしまうが、長女と次女には裏切られてしまい・・・。
このあらすじは、公式サイトから 以下、ネタバレ含みます。

高齢になってますます頑固で偏屈になったリア王が、末娘の愛情を感じられず勘当。
忠臣の部下の言葉にも耳を傾けず、口先だけの愛を語る長女と次女に国を譲ってしまう。
そこから、リア王の転落が始ります。

国を譲ったはずの長女と次女に追い出されたリア王は
次第に狂気に取りつかれていくのですが、その姿だけでも悲劇であるのに、
これでもかと、次々悲劇が起こるのは、シャイクスピアノなせる業なんでしょうか?

父の窮地を知ってフランスから駆け付けた末娘のコーディリアの最期を知ったリア王が、
最後はショック死してしまうラストに至っては、胸が痛いでは言い表わせられない。

この物語にはもう一人の悲劇もある。息子に裏切られて非業の死を遂げるグロスター卿。
悲劇の連続に、観終わった後の何とも言い難い感情を残したのでした。

ナショナルシアターライブには、あと『ハムレット』と『オセロ』の上映が残っています。
3000円とかなりお手頃なので、シェイクスピアを見たいと思っていた方、
映画館に足を運ばれてはいかがでしょうか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

すだち。

Author:すだち。
ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
ポチっとしていただけると、管理人がもれなく喜びます♪

月別アーカイブ+カテゴリー
 
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。